物価は上がるのに賃金は上がらない。

こんにちは、きさらぎです。

 

どうして日本って
こんなに平均賃金が
低いんでしょうかね。

 

 

物価がどれだけ高騰しても
賃金が何十年も上がらないのは
先進国の中でも日本だけなんです。

 

 

ここ1〜2年だけで
日用品を始め
加工食品・小麦粉・食用油
冷食・レトルト食品
調味料・乳製品
(物価上がりすぎ)

 

 

それなのに、
賃金は上がってないんです。

 

 

その上、
自分で事業をやろうとする人が
あまりにも少な過ぎます。

 

 

なぜかサラリーマンやる方が
安心・安定だと思ってる人が多い事を
いつも不思議に思います。

 

 

安心・安定だという割には
生きるので精一杯という世帯は
思いのほか多いんですよね。

 

 

じゃあ、安心とは?安定とは?
そういう思考はどこから来るんでしょうね?

 

 

上がりだした物価は
もう下がる事はないです。

 

 

大好きなタバコをやめるか
お酒を控えるように奥さんに言われてる
お父さんも多いんじゃないでしょうか。

 

 

お小遣いを減らされた
なんて話も聞きますし。

 

 

いよいよ節約も限界です。

 

 

でも一つだけこの生活苦を乗り越えられる
“手段”があります。

 

 

収入源そのものを増やせばいいんです。

 

 

というか、
すでに今この危険性に
気づき始めている人たちは
複数の収入源を確立し始めています。

 

 

たった一つの収入だけでは
生活は苦しくて当たり前
という時代が来たという事です。

 

 

国のせいなんだ!
政治が悪いんだ!

 

 

誰のせいでも勝手ですが

 

 

誰も助けてはくれません。
社会に出れば全部自己責任です。

 

 

苦しい生活が嫌なら
別の収入を模索する方が賢明です。

 

 

こちらの記事でも紹介しましたが
力のない個人が
システムを否定した所で
何も変わりません。

 

 

副収入で
毎月4〜5万でも稼げれば
こっそりお小遣いにでもすれば良いし

 

10〜20万稼いでる人は
住まいを少し良くしてみたり

 

住宅ローンに充てる人も居ます。

 

 

30〜50万稼いでる人は
そろそろ次の収入源を模索し始めますし

 

資金に余裕が出てくるので
人によっては収入の自動化を
検討しても良い頃です。

 

 

どんな八方塞でも
自分から行動を起こせば
見えて来る答えがあります。

 

 

人生はいつからでも逆転できます。

 

 

出来れば、複数の収入を確立させて
ゆとりを持った生活で満足せずに
自由な人生にしていって欲しいです。

 

 

僕はこの信念・信条で
これからも情報発信を続けていきます。

この記事が役に立った!と思われたら下記から応援お願いします♪

不労所得ランキング

 



page top