どうなる?アフターコロナ。

こんにちわ、きさらぎです。

 

 

最近、いろんな人から

 

例の感染症の影響どうですか?


とか

 

 

 

今からでもやっておいた方がいい事
何かありますか?


 

みたいな質問がいっぱい来たので、

 

僕なりの見方というか
ビジネス的な見解を記事にしてみます。

 

 

 

新型の例の感染症の影響も手伝って
ビジネスや世界の経済の在り方が
急速な変化を求められる時代に突入しました。

 

 

こうした不可逆な変化に合わせるため
僕ら自身が考えや戦略を
改めていくしかありません。

 

 

これも時代の変化だと
割り切るしかないようです。

 

 

この先そう遠くないうちに
まず間違いなく“個の時代”がやってきます。

 

これは感染症云々というより
時代の流れで、
多くの人が実は警鐘は鳴らしてたんだけどね。

 

後期高齢化・AIやIOTなどの
テクノロジーの進化がもたらす仕事の簡素化や
遠隔化が進みます。

 

そうなると、人手は自ずと少なくて済みますから。

 

 

これまでは
ある一つの大きな集団で
事業を動かしていく事が主流でした。

 

 

従業員が会社に出勤して
デスクワークなり、その他作業をし
時間になったら帰宅するみたいなスタイルが
主流でした。

 

 

今後は、リモートワークを
多用していく企業が増えていくと思います。

 

 

これにより、従業員の雇用形態も
大きく変わっていく可能性も否定できません。

 

 

繁忙期は手に余る仕事を外注に回す事になるので
正社員として雇用していくのは
優秀な人材だけ残しておくことになると思います。

 

 

そうすることで集団になることを避けられるし、
事務所もそこまで広い場所も必要としません。

 

 

会社としても、経費が大幅に削減でき
非常に合理的です。

 

 

と言っても、
どのみち日本は高齢化が進みすぎているので
こういうのも遅かれ早かれという状況です。

 

 

どうせ人足りなくなるんだから、
今のウチから少数精鋭で回せるようにするのが
普通の会社だと思います。

 

 

こういう改善をさっさとやってしまう会社が
今後利益を総取りしていくでしょう。

 

 

ハッキリ言って
貧富の二極化は今後一気に加速します。

 

 

個々のスキルを磨いて
フリーランスとして働くか
いっそのこと起業しようか
検討している人も多いみたいです。

 

 

これだけハッキリと世の中の変化を
目の当たりにしているので
危機感を覚えた人も多いと思います。

 

 

今、順調な会社ほど
こういう対策へのスピード感が求められるでしょう。

 

 

せっかく軌道に乗せた事業が
危うくなるわけですから。

 

 

複数の収入源を持つことが
当たり前の世の中になる可能性は
極めて高いです。

 

 

各企業が、今後たくさんの人材を抱えるのは
リスクしか無いと感じ取ったはずです。

 

社内が人で密になることは
感染のリスクを招くだけなので。

 

 

とは言え、
社内でしか処理できない仕事もある。

 

 

そうなれば、ごく一部の優秀な人材だけ
社員として囲い込み、

 

 

その他の人たちには
自宅待機もしくは、
退社してもらう他ありません。

 

 

会社が生き残る可能性が高い方を
選んで当然です。
(同じ立場なら僕でもそうします)

 

 

リモートワークで仕事が回るなら
別に自社で人材を雇用しなくても
良いって事です。

 

 

人材の教育とか管理もしなくて済むし、
お給料も仕事の出来高で報酬払えばいいし

 

 

パソコンとかデスクとか椅子とか
備品も最小限で良いし
広いオフィスも借りなくていいし

 

 

会社にとって良い事しかありません。

 

 

経費が掛からなくなるってことは
会社の利益が増えるってことです。
(その分税金は増えるかもですけど)

 

 

そうなると、
“儲かるようになってきたから
また以前のように人を雇用しよう”
とはならないので、

 

 

こういう傾向は
加速していくと思います。

 

 

複数の収入を確立する方法を探ることを
強くおススメします。

 

 

自宅でフリーランスとして
外注を受けられるような仕事を探したり

 

 

あるいは思い切ってフリーランスとして
独立したり。

 

 

あるいは今の仕事の延長でなくても
別に良いと思います。

 

 

例えば僕の知人でこういう人がいます。

 

 

 

 

配管工として平日働いてる傍ら
週末はジュニアバスケットクラブを
運営しています。

 

 

月極一人当たり10000円で
活動は週によりますが
月当たり4日の活動です。
(平日は子供たちが学校の為)

 

生徒は34名でした。

 

 

彼はバスケが大好きでしたが
日本ではご存じの通り
まだまだマイナースポーツです。

 

 

また、プロで活躍できる場もありません。
(今はどうか分かりませんが)

 

 

仕方なく気心の知れた友人の
配管工を手伝いながら
休日は地元の行きつけの居酒屋で
飲み歩く生活をしていた所、

 

 

偶然中学時代の恩師に出会います。

 

 

そこで彼が9年間所属していた
バスケットクラブがなくなってしまうという
話を聞き、迷った末に

 

彼がクラブのコーチを引き継ぐ事になったのでした。

 

 

 

ただ、彼が引き継ぐ事になった頃は
まだ生徒も6人しかおらず、

 

 

生徒を募集しようと
クラブのブログを
立ち上げる事にしました。

 

 

彼自身も、僕と一緒に
少しだけアフィリエイトを学んだ事があり、
残念ながら大きな成果は得られずに
離脱してしまいましたが

 

ブログを立ち上げて運営するくらいは訳ありません。

 

簡単なクラブの紹介や
解散の危機ながら運営を引き継いで
存続させる想いなどを綴ったり

 

 

活動の様子などを写真や動画などを交え
バスケットの楽しさを伝えたり、

 

シュートのテクニックのポイントなども
動画を撮影してブログに挙げていくと

 

 

やがて、そんなに多くはありませんが
ぽつりぽつりと問い合わせのメールが
来るようになりました。

 

 

結果、彼が引き継いで約2年で
全盛期の頃と同じくらいの生徒数にまで
復活させる事にしました。

 

 

彼自身、二足のわらじとは言え
大好きなバスケの楽しさを
自信をもって伝えられる場があって

 

 

生徒や親御さんにも感謝されて

 

 

なおかつ収入も付いて来るので
こんなに幸せなことは無いと言います。

 

 

好きな事を仕事にするのは
難しいという意見もあるとは思いますが

 

どうせなら、好きな事を仕事に出来て
周りも笑顔になる仕事が出来れば
最高だと思いませんか?

 

 

彼自身も本業の休日を削ってるので
体力はキツくないのか訊いた事がありますが

 

 

適度な運動をするようになったことで
ストレス解消にもなり、

 

仕事だけしてる時よりも
体の調子も良いそうです。

 

 

適度な運動も出来て、
尚且つ収入にも繋がるのは
副業としても良いですね。

 

 

PS.

 

今回はまた変わった事例でしたが

 

少しだけアフィリエイトの経験があったとは言え
ブログの上位表示などSEOに関する事などは
彼なりに必死になって勉強したみたいです。

 

 

 

アフィリエイトで培っていくスキルって
意外な場面でも役に立つという事の
少し判りにくい例ですけど

 

 

ネットで集客したり
あるいは単純に人を集めようとするなら
とりあえずSEOを勉強しておくと
何かあった時にサッと役に立つと思います

 

 

今後間違いなく
オンラインによるビジネスは
急速に水平展開されていく事は間違いありません。

 

 

とりあえず資金掛けずになにかやってみよう!
という人はアフィリエイトはおススメです。

 

この記事が役に立った!と思われたら下記から応援お願いします♪

不労所得ランキング

 



page top