ネットビジネスで起業して自由になった元失業者のブログ

三十六計逃げるに如かず

こんにちわ、きさらぎです。

 

先日、テレビ番組で新社会人研修の特集をやってました。

 

 

 

ブラック企業は研修もヤバイです(笑)
まるで一昔前の使用人の教育です。

 

 

根性論や精神論を押し付け
相手の価値観や個性を
徹底的に否定してくる傾向がある場合が
ほとんどみたいですね。

 

 

しかも怖いのが
番組側がとても好意的に取り上げているという・・・。

 

 

こういうのを見てると
いじめやパワハラって
ずっと無くならないんだろうな〜と思います。

 

 

新社会人が社会に出て、右も左も分からず
精神的にも不安な中で・・・
『こういうものが正しいんだ!
我々はこうあるべきだ!』と刷り込むあたりが
新興宗教の洗脳と同じです。

 

このような状況に大人数で身を置かれてしまうと
もう何を信じたら良いのかわからなくなりますが

 

個人の主張を全くさせずに
価値観や人格を主催者側の都合のいい方向に
捻じ曲げられるだけなので

 

このような“理不尽”に耐えるだけ無駄です。

 

 

こういう洗脳を5年10年耐え続けた結果
会社の命令にyesとだけ答える奴隷ロボットになり
人生を吸い尽くされていくんでしょうね。

 

 

そして学生バイトをさらに奴隷のように
こき使い、不幸な人間を無限生産していくのが
今の社会悪の構造です。

 

 

こういうのを映像で見てしまうと、
『逃げる』っていう選択肢は必要なんだと思います。

 

 

知らずに入った会社がブラック企業でした。という事は
よくある話だし、防ぎようがありません。
会社も不都合な情報は巧妙に隠蔽しますから。

 

 

入社しばらくして、
そこがブラックだと気付くケースも別に珍しくもありません。

 

 

そうした時に、犬にでも噛まれたんだと割り切って
『逃げる』という選択肢を持っていないと
瞬く間に人生灰色になってしまいます。
(鬱や統合失調症になってからでは遅いです)

 

 

ブラックな会社ほど、もれなく根性論や精神論を
ドヤ顔で振りかざしてきます。

 

 

『もっと強くなれ!』『お前だけが辛いと思うな!』
『乗り越えろ!』『根性見せてみろ!』

 

 

昭和のスポ根アニメかっつーの(笑)

 

 

こんなの乗り越えなくても
生きてく方法なんていくらでもあります。

 

 

仮に乗り越えられたとしても
その先に待つのは不幸の連鎖でしかありません。

 

 

今は働き手が足りない会社ばかりなので
転職先なんていくらでもあります。

 

 

 

『逃げる』って1ミリも恥じる事はありません。

 

あなたが不毛な戦いの犠牲になる必要は
1ミリもないからです。

 

 

そんな『戦い』からはさっさと逃げてOKです。

 

無事に逃げ帰ってから、
次の道をしっかり模索するための体力を温存しましょう。

 

 

上司や同僚があなたの事を
『根性なし』とか嘲笑おうとも関係ないです。

 

 

なぜなら彼らは
あなたの長い人生にとって道端に打ち捨てられた
タバコの吸殻みたいな存在でしかないからです。

 

 

あなたが思い描く幸せのカタチがそこに見えない時点で
もうその会社で頑張る必要はありません。

 

 

幸い日本には人手不足としている企業はたくさんあります。

 

なんだったらネットで起業するって選択肢だってあります。
先の見えない戦いで無駄に人生を磨り減らすのは
あまりにも勿体無いです。

 

 

三十六計逃げるに如かず。

 

『逃げ』って、時と場合によっては
人生において超有力な戦術です。

 

 

無駄な努力を無理に続けてしまうとどうなるのか。
下記の動画がわかりやすく解説していますので
ついでに視聴してみるといいですよ。

この記事が役に立った!と思われたら下記から応援お願いします♪

不労所得ランキング

 



page top