プロスペクト理論による説得

こんにちわ、きさらぎです。

 

プロスペクト理論とは簡単に言えば
利益の獲得よりも損失を回避しようとする
人の性質を考察する理論です。

 

 

次の例だとあなたはどちらに参加しますか?

 

@必ず10万円もらえるキャンペーン。

 

A50%の確率で20万円もらえるキャンペーン。
 残りの50%は1円も貰えない。

 

 

この場合だと、
@に参加する人の方が多いそうです。

 

 

では次はどうでしょう?

 

 

@100%の確率で10万円損してしまう。

 

A50%の確率で20万円損するが
 50%の確率で損しなくて済む。

 

 

・・・どうでしょう?

 

 

こういう場合だと、途端にAに流れ込む割合が増えます。

 

 

初めから損失すると分かりきってしまうと
損しないで済む希望が少しでもある方に行きたい。
そういった心理が働くようです。

 

 

これ、ちょっと興味深くないですか?

 

 

人は、別に得しなくても生きていけますが
損失ばかり負い続けると
最悪、命に関わりますからね。

 

本能的にリスクを回避するよう出来ているみたいです。

 

 

あなたが商品を売ろうとする時に阻まれる壁は、
お客の『損したくない』という感情です。

 

 

・お金が無駄になったらどうしよう

 

・思ってたのと違ったらどうしよう

 

・使い方が分からなかったらどうしよう

 

・自分に合わなかったらどうしよう

 

・詐欺だったらどうしよう

 

・他にもっと良い物があったらどうしよう

 

 

 

ネットで何か買うのって不安ですよね?
まして、情報商材だと買うまで中身も分からないし。

 

本当にいい物かどうかなんて
中身を確認するまで僕でもわからないです。
(僕の場合は時々おもしろ半分で買ったりしますが)

 

 

そういう状況の中でも
商品を買ってもらうにはどうすれば良いでしょう?

 

 

これは単純で、お客の中の不安という不安を
徹底的に排除してあげればいいのです。

 

 

ネット通販でよくあるユーザーレビューとか

 

販売ページの下の方にQ&Aがあったり

 

とりあえず情報が多かったりすると
なんとなく信頼できそうだったりするのは

 

そういった情報を多く入れることで
お客の不安を排除する事が目的だったんですね。

 

あとは返金保証をつけたり
お試し無料期間を設けたり

 

お客の買うことへの不安を取り除いた上で

 

『今買わなかったら損するかもしれない』
と思わせる事が出来れば完璧です。

 

期間限定で特典をつけたり

 

期間限定価格を設けてもいいし

 

商品そのものを期間限定販売にするのも
なかなか有効です。

 

 

『安く買えなかったらどうしよう』

 

『もう手に入らないかもしれない』
という損失と思わせると、
売れ行きも変わってきます。

 

 

損失を回避しようとする心理を
自分のビジネスに応用できないか
あなたもぜひ工夫してみて下さい。

 

この記事が役に立った!と思われたら下記から応援お願いします♪

不労所得ランキング

 



page top