なぜ多くの人に神が信じられたのか。

こんにちわ、きさらぎです。

 

 

あなたが商品を売りたいなら
お客を説得しなければなりません。

 

では、説得において重要なことは
何だと思いますか?

 

 

あなたのメッセージに
耳を傾けてもらう事です。

 

当たり前ですね(^^;

 

 

どんなに饒舌なセールストークを披露しても
どれだけ巧妙にコピーライティングを駆使しても

 

相手が聞いてなければそれまでです。

 

メッセージを聞いてないのに説得される人は居ません。

 

 

コピーライティングの3つの壁は有名ですよね。

 

簡単に言えば、お客は
読まない・信じない・行動しないと言われています。

 

 

それともう一つ、理解しない壁というのもあります。

 

あなたがまず突破しないといけない壁は
“読まない壁”です。

 

 

まずはあなたの発信するメッセージに気付いてもらわなければ
スタートラインにすら立てないのです。

 

 

たからこそ、広告はデザインを工夫したり
テレビCMは人気タレントを起用したり
面白いストーリーを組んだりするわけですね。

 

 

例を上げると、ソフトバンクの白戸家シリーズは
印象に残ってる人も多いんじゃないでしょうか。

 

 

神話や聖書がなぜ、
ストーリー形式になっているかわかりますか?

 

 

これは、読まない壁・理解しない壁を突破するためです。

 

難しい理屈を並べられても
みんなが理解できるとは限りません。

 

 

もっとも、昔は今みたいに
学があるのが当たり前の時代じゃないですから。

 

 

そういう人たちでも
キリストの奇跡のストーリーは面白く描かれ
物語を通してキリストの教義が広まったわけです。

 

 

ストーリーのメリットは
相手を引き込み、わかりやすく、
そして印象に残りやすいという点です。

 

もし、聖書がストーリー調でなく
難しい理屈ばかりだったら
興味すら持たれることもなかったでしょう。

 

大した勢力を持つこともなく
むしろ衰退していたかもしれません。

 

 

 

お客を説得して行動を起こさせたかったら
まずは惹きつけるという事が最重要です。

 

 

メルマガやブログ記事のタイトル、
記事の冒頭で全て決まるといっても良いです。

 

 

どんな言葉が惹かれるか工夫するだけでも
反応変わりますよ。

 

 

 

 

この記事が役に立った!と思われたら下記から応援お願いします♪

不労所得ランキング

 



page top