お客を購買へと向かわせる4つの要素とは?

こんにちわ、きさらぎです。

 

 

お客を購買へと向かわせる4つの要素とは
簡単に言えば以下の4つ。

 

 

1.相手の注意をひきつける

 

2.相手の選択肢を限定する

 

3.相手の感情を動かす

 

4.不安を取り除く

 

 

この4つをクリアできれば
相手を説得することは簡単です。

 

 

今や多くの人々にメッセージを伝えることは
簡単に出来るようになりました。
メールやブログ、SNSなどを駆使すれば
個人のメッセージを限りなく増幅させて伝達できる時代です。

 

 

大衆を説得し、ある一定の目的の為に
行動を起こさせるように説得する事を
“扇動”と言いますが

 

 

この“扇動”の分かりやすい例が『ヒトラー』ですね。

 

 

国家社会主義
ドイツ労働者党(ナチス)の指導者です。

 

 

彼は多くの国民を戦争に駆り立てて
1つの民族の殲滅にさえ
国民の同意を取り付ける事に成功しました。

 

 

要するに彼は大衆心理を操ることに
長けていたのです。

 

彼のような大衆を動かすテクニックは
人を動かすという点においては一致しています。

 

 

また、僕らはこれまでも多くの扇動によって
操られています。

 

政治や学校においての集団生活においては
常に指導者がいて、

 

当然、セールスにおいても
大いにその威力が発揮されます。

 

 

 

大衆を扇動して戦争させるのと
購買へと向かわせるのって
どちらが簡単だと思いますか?

 

 

訊くまでもありませんね(笑)

 

 

ただ、あまりにも強力なので
こういうテクニックを悪意を持った人たちが使うと
戦争が起こったり
カルト宗教が事件を起こしたり
詐欺の被害に遭ったりします。

 

 

どうせならたくさんの人を幸せに向かわせる為に
活用して下さいね。

 

 

あと、冒頭でも話したこの4つの要素は
超重要なので覚えておいて下さい。

 

1.相手の注意をひきつける

 

2.相手の選択肢を限定する

 

3.相手の感情を動かす

 

4.不安を取り除く

 

これさえクリアできれば
モノ売るなんて簡単です。

 

 

ステップメールを書く際にも重要な事なので
ぜひ覚えて下さい。

 

逆に、ここまでの説得ができないと
大きく稼いでいくことは難しいという事です。

 

この記事が役に立った!と思われたら下記から応援お願いします♪

不労所得ランキング

 



page top