決断を先延ばしにする人は成功しない。

優柔不断はビジネスにおいて致命的

こんにちわ、きさらぎです。

 

 

今回は起業していく上での
重要な要素である“決断力”の話を
書いていきます。

 

大多数の人が学校を卒業して
一般的には会社員として
働いていく人が多いと思います。

 

 

会社員でいると
重要な決断は上司に相談したり
あるいは役職に就くまで
そういった局面を迎えることがありませんが

 

 

起業するとなると話は別です。

 

 

むしろ、自分でビジネスしていくというのは
決断の連続です。

 

 

決断力はビジネスを推し進める為に
必要不可欠です。

 

 

スグに行動する人・決断できる人は
何も問題ありません。大丈夫です。

 

遅かれ早かれ成功していくでしょう。

 

 

機会損失を最小限に抑えられるだけでなく、
たくさんの経験を積めば
それだけ多くの経験とスキルが手に入るからです。

 

 

何かを決めなければならない時、

 

 

多くの成功されている人は
イチイチ悩みません。

 

 

秒で決めて秒で行動に移している筈です。

 

 

勿論、その案件ごとに
今動き出すべきではない時には
それに応じた判断をすればいいだけの事で
“決断の先延ばし”とは違います。

 

 

現時点で実行している計画があるなら
そちらを優先すれば良いし

 

 

特に計画している事がないのであれば
実行・行動を起こしてみることです。

 

 

人生で一番の損失は

 

“何もしないこと”

 

“行動しないこと”です。

 

 

挑戦出来るチャンスを自分から取りに行けない
というのは大きな損失です。

 

 

例えば
こんなアフィリエイトの講座がありますよーと、
あなたへオファーが来たとします。

 

 

費用は10万円です。

 

 

10万円支払って
アフィリエイトで稼げるかも知れない道に進むか

 

 

その10万円を自分の口座に大事に眠らせておくか・・・。

 

 

決断はあなた次第です。

 

 

10万円の講座を受けることで
あなたが本当に稼げるかどうかは、さて置いて
アフィリエイトに関する知識やスキルは身に付きます。
あなたの行動力や行動量しだいでは
稼げるようになるのかもしれません。

 

 

もう一方で、10万円を口座に眠らせておいた場合は
その10万円の他に何が残るでしょうか・・・?

 

 

仮にアフィリエイトで稼げなくても
お金と時間は消えますが

 

勉強した知識や身に着けたスキルは
残ります。

 

 

決断を先送りにするというのは
ビジネスにおいて致命的です。

 

 

ビジネスである以上、
ライバルも居るわけです。

 

 

 

そしてライバルは
あなたが先送りにしたチャンスを
容赦なく横から奪い去るでしょう。

 

 

チャンスというものは
いつ訪れるか分かりません。

 

 

人生1度きりなので
挑戦しなかった後悔をするよりは

 

 

何か目の前のものに挑戦してみても
いいと思います。

 

 

 

機会費用・機会損失とは
どういうものなのか。
過去にこんな記事を書いているので
合わせて読んでみて下さい。

 

節約という意識がお金を捨てている。

 

 

PS.

 

 

僕は割と悩まない方なので
有料の教材を買うにもそんなに悩むことは
ありませんでした。

 

 

初めて買った教材も
めちゃめちゃ怪しかったんですけどね(笑)

 

 

それでも
稼げない期間というものを
限りなくゼロにしないと
本当に生活がヤバかったので(-_-;)

 

 

“もし稼げなかったら…”
という不安よりも

 

 

何も出来ない時間を過ごして
時間だけが無駄になるほうが
むしろ怖かったです。

 

 

“早く稼げるようになりたい”

 

これしか考えられませんでした。

 

 

この時は無収入だったので
とにかく収入減を作り出す
必要がありました。

 

 

教材を買うにしても
我が家にとって少ない貯金から
予算を割いて買いました。

 

 

本来であれば
生活費に充てなければならない
命綱同然の大切なお金です。
(確か当時12800円の教材です)

 

 

今でさえ情報商材というものが
インチキ臭い響きなのに
僕が買ったのは7〜8年前ですからね(-_-;)

 

 

 

言うまでもありませんが
この決断がなければ
今の僕はありません。

 

 

今だから笑い話に出来ますけど
電気やガスは止まることさえありました。

 

 

かろうじてカセットコンロがあったので
調理するには事欠かなかったですけど
(-_-;)

 

 

キャンプで使うランタンで
明かりを灯すこともありました。

 

 

さすがに幼い子供たちも居たので
ある程度食費に割いていたし

 

 

風邪も引きやすかったので
急な出費も多かったのもありますが
本当にあの時は心が痛かったです。

 

 

ここまで追い込まれていたので
もう後戻り出来ない状況でした。

 

 

一日も早く
家族を安心させたかった。

 

 

まともな生活をさせたかった。

 

 

お恥ずかしい話、
娘たちにおやつを
買ってあげるお金さえ
なかった時期もあります。
(本人たちは覚えていませんが)

 

 

人間、追い込まれてみれば
大抵のことは乗り越えられるもので

 

 

今の僕でも
とてもこなせない量の
作業量をやっていたと思います。

 

 

当時はパソコンにも
慣れていない状況だったので
凄く苦労したのを覚えています。

 

 

ブログに画像を張るのにも
30分くらいかかっていましたし(笑)

 

 

ちょっと話が逸れましたが(-_-;)

 

 

もし、自分は決断力が無い
あるいは優柔不断だ
という自覚がある人は

 

自分が極限まで追い込まれたら
ということを想定してみてください。

 

 

ここ最近流行した
新型ウイルスの影響もあって

 

多くの従業員や社員を雇用することに
一抹の不安を抱いた経営者も
少なくないはずです。

 

リーマンショックの時の
何倍もの失業率になると言う
予測もあるので

 

今から最悪の事態に備えておいたほうが
良さそうです。

この記事が役に立った!と思われたら下記から応援お願いします♪

不労所得ランキング

 



page top