ネットビジネスで起業して自由になった元失業者のブログ

モノが売れない時代なんて存在しない。

こんにちわ、きさらぎです。

 

 

モノが売れない時代なんて存在しません。

 

『モノが売れない時代だから、不景気なのは仕方ない。』
こんな事を言う人も居ますが
僕はそうは思わないんですよね。

 

と、いうより以前と少しも変わることなく
モノは売れてます。

 

細かく話すと難しい経済の話になるので
ざっくりと書いていきますね(^^;

 

 

この知識を取り入れることで
あなたがアフィリエイトで商品選定する際、
あるいは新たにビジネスをする際に役に立ちます。

 

 

まず初めに、需要は作り出すものという認識を持っておいて下さい。

 

 

最近は昔ほどモノが売れない時代だとか
よく耳にしますよね。

 

 

音楽業界はCDを出しても売れないとか聞くし
ましてやCDショップ自体も街では見かけなくなりました。

 

 

 

家電製品も性能が良くなってたり
そんなに頻繁に買い換えなくても
長持ちする製品が増えましたね。

 

 

ここで問いたいんですが、
CDが売れなくなった現代ですが
人々は歌や音楽を聴かなくなったんでしょうか?

 

 

違いますよね?

 

 

 

iPhoneをはじめとするスマートフォンの登場で
いつでも音楽を持ち歩くようになったので
むしろ普段から音楽を聴く人は増えています。

 

 

つまり普段から持ち歩くものに音楽を取り込めるようにした事で
これまでは電車などの移動にわざわざ音楽を聴かなかった人も
スマホでラジオ聴いたり音楽聴いたり
あるいは音声教材を聴いてる人も多いですよね。

 

潜在的な需要を掘り起こす事に貢献しています。

 

 

本屋さんも同様です。
情報自体のデジタル化が急速に進み
店舗の数が激減していますが
こちらもデジタルな情報として
タブレットやスマホにダウンロードして読んでる人も多いです。

 

 

しかも、輸送コストがかからないので
割安で購入できますし、部屋も散らかりません。
売り手にとってもユーザーにとってもwin-winです。

 

 

と、こういうものはテクノロジーの進化によって
需要が変化しただけなんですが

 

 

 

冷静に考えるとどうでしょう?

 

 

人口の激しい増減がない限り
モノが売れないなんてことは有り得ないわけです。
(国内だけで考えても1億人居ますからね)

 

 

特に人が生きていく上で必ず必要な
衣食住なんかは変わらず需要があるわけで、

 

 

単純に需要に対して供給のバランスが悪いと
売れたり売れなかったりは理解できると思います。

 

 

景気が悪いという割には
娯楽的な分野においてはスマホのソーシャルゲームに
何万も課金するみたいな人も珍しくもないですよね。

 

 

僕の友人もクソみたいなゲームに何百万も課金してるし(笑)

 

 

こういうソーシャルゲームで課金する人たちは
なぜ、無料で遊べるゲームに何万も課金できるんでしょうか?

 

 

これ、実は大きな秘密が隠れてるんですね。
今回はちょっと長くなってしまったので
また後日書いていきます。

 

 

今回は
需要は創れる・掘り出せるという事をぜひ覚えておいて下さい。

 

 

この記事が役に立った!と思われたら下記から応援お願いします♪

不労所得ランキング

 



page top