人が集まる場所ってどこ?

こんにちわ、きさらぎです。

 

 

人が集まる場所で商売することは
ごく自然な事です。

 

 

反対に、過疎化してしまうような所では
商売はあまり向かないわけです。

 

 

郊外や田園地帯でお店を構えるよりも
都市部で開店させるほうが集客も楽なのは
想像できると思います。

 

 

ネットビジネスも概念としては同じです。

 

 

インターネット上でも、
人が集まりやすい場所と
そうでない場所があります。

 

 

今の中高生はテレビをあまり見ないで
スマホをいじるし、

 

大人だって夜はスマホをいじりながら
夜は寝落ちしてしまう人は多いんじゃないでしょうか。

 

 

こうやって考えると、
人が集まりやすいインターネット上で
ビジネスするって、ごく自然な気がしませんか?

 

 

むしろ当然の流れのような気がします。

 

 

今や欲しいものは何でもネットで買えるし
映像コンテンツもだいぶ豊富になってきましたし。

 

 

これら全て僕らがお金を払いたくなるサービスやコンテンツの集合体であり
言い換えればこれらだってネットビジネスです。

 

 

人々がどういうことに惹かれているのか
どんな事に不安を憶えるのか。
どういうことにお金を払っているのか。

 

 

 

いまだにネットビジネスなんか成功しないと思ってる人が
意外に多い事に、いつも驚かされます。

 

 

国内だけでも
インターネットの利用者数は1億人を超えます。

 

その1億人を超えるマーケットなんだから
成功の余地としては充分すぎると思うんですけどね・・・。

 

 

 

人が集まりやすい激戦区には
当然ですけどライバルの存在もありますが
それだけ需要があるという証拠であり、
工夫次第では付け入る隙もあります。

 

 

1億人のマーケットに対して
1日3〜4人に1万円の商品を売るって
現実味、無いでしょうか・・・(^^;

 

 

ネットビジネスを否定する人たちって
著しく視野が狭いと言わざるを得ません。

 

 

今や個人てやってる会社ですら
ホームページを作っている時代だし、

 

 

なんだったら個人が持てるメディアだって
多数存在します。

 

 

一度に価値を提供できる人数が多いほど
レバレッジが利くので、

 

今は有名youtuberの方が
中途半端なタレントやるよりも大きな金額を稼ぐ例も
なにも珍しいことではなくなりました。

 

 

人がどういった所に集まりやすいか。

 

思考が狭いと、可能性も著しく狭まるので
視野も思考も広く持ちたいものです。

この記事が役に立った!と思われたら下記から応援お願いします♪

不労所得ランキング

 



page top