ネットビジネスで起業して自由になった元失業者のブログ

こんにちわ、きさらぎです。

 

 

最近、もやはお金を稼ぐ行為が
ゲーム感覚に近いです。

 

 

@利益の出そうな広告タイプを選ぶ

 

 

Aセールスレターを執筆する

 

 

Bお金を突っ込む(広告出稿)

 

 

イマイチ反応が無ければ
繰り返すだけ。

 

 

平気で100万200万損失しますけど
痛くも痒くもないです。

 

 

利益出るまでやればいいので。

 

 

ビジネスってギャンブルじゃないので
弱いと感じた部分を補修していけば
いずれ成功します。

 

 

自分がやったことに対しての分析を怠ると
失敗で終わります。

 

 

 

お店構えて商品を揃えて・・・
みたいなリアルビジネスなら
これだけで数千万円すっ飛んで行きますが

 

 

ネットビジネスなら
たったの数千円程度で済みますからね。

 

 

こんなにリスクが少なくて済むのに
リターンが大きい。

 

 

しかも取り組む人が少ないんだから
やる人が一人勝ちなのも当たり前ですよね。

 

 

成功するまで
好きなだけチャレンジできるんだから、

 

 

ギャンブルよりハイリターンなのにノーリスク

 

しかも勝率は自分次第です。

 

 

スキルを磨けば磨くほど
勝率は限りなく100%に近づけられます。

 

 

僕が思うに、
自分の事を分析してない人を
多く見受けられます。

 

 

自分と向き合っても
よくわからない、という人は
成功してる人を良く分析してみましょう。

 

 

自分に足りない部分が見えてきますよ。

 

 

PS.

 

ある意味ギャンブルやってる人の方が
真剣に利益を見据えてるので

 

 

遊び半分でネットビジネスに取り組む人より
意識は高いです。

 

 

なぜなら
痛みを伴うくらいのお金がかかってるので。

 

 

お金がかかってるから真剣になるんです。

 

 

『別に稼げなくても生活できる』程度の痛みでは
“真剣さ”が違うので身の入れ方が違います。

 

 

遊び半分でビジネスして稼げない人

 

真剣にギャンブルして生活費稼ぐ人

 

 

なんだか滑稽な構図ですけど

 

 

結果が全てですからね。

 

彼らが利益を出せているのは
真剣に研究を続けていった結果です。

 

 

ただの遊びでは稼げないのは当たり前。

 

 

意思が弱い人は
そもそもビジネスに向いていません。

 

自分のことは
自分が良くわかっていると思うので

 

 

真剣にならざるを得ない状況を創りだす
というのも一つの手段だと思います。

 

 

業界あるあるですけど
1ルーム借りて
パソコンと机・椅子しかない部屋を
持っている人は結構な割合で居ます。
(僕も一時期借りてました)

 

 

こういうのも環境への投資です。
毎月お金がかかるので
嫌でも利益を出さないといけません。

 

 

お金稼ぐにはお金がかかるって事です。
こういう思考が欠如した状態で稼げることは
まずありえないので
いつまで経っても稼げないという人は
こういうことから学んでみてください。

 

『金を稼ぐには金が要る。』

この記事が役に立った!と思われたら下記から応援お願いします♪

不労所得ランキング

 



page top