成果を出す人、出せない人の決定的な違いとは?

僕は教える立場として何人もの人と向き合って来てるので

 

経験則で、『この人はすぐに結果が出そうだな』

 

『すぐに成果が出そうだ』というのが何となく分かってしまいます。

 

 

 

そういった人たちに一つ大きな特徴があります。

 

 

それは、行動に移すのが早いという事

 

 

つまり、学んだことをすぐに実践するので
ドンドン力を付けているのです。

 

 

 

すべからく、失敗もドンドン経験するので
その対応策もドンドン身に付きます。

 

 

すると、行動が遅い人に比べて1ヶ月後・2ヶ月後には
物凄い差が生まれます。

 

 

何か新しいことにチャレンジしようとする時には
確かに勇気は必要かもしれません。

 

 

でも、チャレンジしてみようかな?と思った時には
迷わず一歩踏み出してみて下さい。

 

 

そして、一通り結果が出てからその後の行動を判断・検討してみても遅くありません。
例え失敗したとしても、経験値は手に入るので損ではないので。

 

 

もう少し工夫して上手く行きそうであれば再チャレンジすれば良いし、
メリットが無いなと判断したのなら別の事を実行すれば良いだけの話です。

 

 

直感や戦略も実際に行動してみないと何も生まれないので
そういう感覚を磨いていくにも、まずは行動あるのみですね。

 

 

起業してみようかな?というだけでも
大きなチャレンジ精神なんですけどね。

 

 

いつまでもこういうチャレンジ精神で生きていたいものですね。

 

 

 

 

 

この記事が役に立った!と思われたら下記から応援お願いします♪

不労所得ランキング

 



page top