『学力』を再定義する。

学力というと、以前の僕は
目を背けたくなるほど嫌な言葉でした。

 

 

国語や数学という『科目』と呼ばれる勉強に
周りについて行けなかったからです。

 

 

でも、社会人になると数式に向き合うこともない、
答案用紙に向き合うこともないので
『あ〜、やっぱり勉強は意味無いんだ』と思ってました。

 

・・・起業する前までは。

 

 

病気持ちでしたので、だんだんと体力が落ちて来た時に
薄々気付いてしまったんですよね。

 

体が使えないのなら、頭を使うような仕事を探すしかない。

 

イコール、頭が良くなければいけない・・・?

 

つまり、学力がないとダメってことか・・・。

 

 

社会人になってから勉強したことは色々あります。
コピーライティングの本だったり、
心理学の本だったり、マーケティングだったり。

 

 

大人になった事で、考え方が変わったり
精神的にもゆとりがあったり、というのもあるかもしれません。

 

 

それでも、僕にとっての
『学力』というものの定義が変わりました。

 

それは、考える力や分からないことを探究心を持って調べたり
自力で答えを導き出す『力』こそが学力なんだと思ってます。

 

 

今、ネットビジネスで成果が出ていない。
これからネットビジネスに挑戦しようと思っているあなた。

 

 

本当に成果を出したい!
成功したい!

 

 

そう思っているのなら、
学歴や偏差値によって数値化された『学力』は関係ありません。
(むしろ無意味)

 

 

『今さら挑戦したってダメ』なんてこともありません。

 

 

必要なのはある程度の文章の読解力があれば
無理なく学んで実践できるので諦めないでください。

 

 

知らない知識なんて身に付ければ良いだけの話です。
ちなみに、高校時代の僕の偏差値は38でした(笑)
今はもうちょっと下がってると思います。

 

 

頭が良いからといって成功できるとも限りません。
ビジネスなんてそんなもんです。

 

 

この記事が役に立った!と思われたら下記から応援お願いします♪

不労所得ランキング

 



page top